頸部脊柱管狭窄症という病魔|首に違和感を覚えたら

治癒力を高めるガン治療法

女性

免疫療法は、人間が持っている自然治癒力を高めることでガンを治療し、様々なガン細胞に効果的で副作用のない治療法です。しかし、ガン治療としての優先順位はまだまだ低いので、世間に広く認められることで、早期のガン治療に使われることが期待されています。

More Detail

様々な治療が受けられる

病棟

企業の健康診断や個人で受ける人間ドッグを実施しているのが梅田クリニックです。また禁煙外来の設置や、生理不順やEDといったデリケートな問題に真摯に向き合ってくれます。さらに患者のプライバシーは保護されているため、通院が周囲に知られることもありません。

More Detail

大腸のがんに関する知識

カウンセリング

大腸がんの治療方法は手術や化学療法、放射線などがありますが、中には負担の少ない内視鏡手術が選択できます。また免疫細胞を用いる免疫療法もあり、いずれも発見が早いほど効果があります。また痔や虚血性大腸炎など、大腸がんと間違いやすいものもありますので、異常がある時はまず医師の診察を受けるようにしましょう。

More Detail

首の痛みを引き起こす病気

医者

脊髄が圧迫されて起こる

脊椎は身体全体の骨格を支える重要な骨ですが、中は空洞となっており、脊髄や血管などが通っています。この空洞を脊柱管といいます。この脊柱管が変性して狭くなると、中の神経を圧迫してしまうことがあります。これを脊柱管狭窄症といいます。脊柱管狭窄症は腰椎に発症して腰痛の原因になることが多い病気です。腰椎に次いで多いのが、頸椎部分での発症です。これを頸部脊柱管狭窄症といい、主に上肢に症状が出ます。頸部脊柱管狭窄症は、椎間板の飛び出しや骨を支える靱帯の肥厚などを要因として発症します。根本原因については明らかではありませんが、基本的には組織の老化と考えられています。そのため、中年以降に発症例が多い病気となっています。

まずは運動療法などで改善

頸部脊柱管狭窄症の典型的な症状は、首痛や手足のしびれなどです。指先がうまく動かせなくなったり、吐き気をおぼえたりすることもあります。重症化すると手の自由がきかなくなってしまうこともあります。頸部脊柱管狭窄症は、いったん発症すると自然治癒することがありません。自覚症状が出たらできるだけ早期に治療を開始するようにします。頸部脊柱管狭窄症を治療する際、軽度の場合はストレッチなどの運動療法が有効です。これは、筋力強化によって首が安定し、痛みが出にくくなるためです。ただし自己流だとかえって悪化させてしまうこともあるので、必ず専門医の指示の下に行うよう注意する必要があります。重度の場合は、神経ブロック注射などによって改善を図ります。最終的な段階では、外科手術によって脊柱管の狭くなった部分を切り開きます。